払込取扱票印刷用PDF作成機

ゆうちょ銀行の「払込取扱票」に印刷するためのPDFを作成するサイトです。
「払込取扱票」はゆうちょ銀行においてあるこんな紙です。ATMとかにあります。わからなければ窓口で聞けばくれるはずです。

自分で全部印刷するようなことは禁止されているため、ゆうちょ銀行で紙を取ってきて、そこに「手書きの代わりに」印刷する必要があります。
画像にマウスを置くと、最終的な(印刷後の)イメージが表示されます。

入力されたデータについては一切保存していません。 (ソースコード

作成されるPDFは、払込取扱票に合わせた特殊な用紙サイズです。(180mm×114mm)
これをうまく扱えるプリンタをうまく設定して使う必要があります。場合によっては結構難しいです。
手書きで一文字も書きたくないような人を除いて手書きしたほうが圧倒的にはやくて楽です。

作成されるPDFは、選択したフォントによって字形が異なるかもしれません。
(例えば、「辻」の(しんにょう)が一点か二点か)
また、フォントによって利用できる文字が異なります。
そのあたりのケアは一切行っていませんので、出力が正しく行われていることは必ず目視で確認してください。


作成フォーム

印刷後のイメージを確認するために、罫線等を描画します。
このオプションを使用して出力したデータを実際に印刷して利用することはできません。

更新履歴

  • 2019-07-21
  • 2019-07-19
    • 「罫線等を描画する」オプションを実装しました。 印刷しない状態でなんとなくのできあがりイメージがつかめるPDFが出力されますが、 このオプションを有効にしたPDFを実際に印刷して利用することはできません。
    • 右側の「加入者名」が小さくなる場合の処理を変更しました。 とりあえず適当な場所で折り返されて出力されます。 文脈とかは読まないので、微妙な折り返しが行われます。
  • 2019-07-17
  • 2019-07-15
    • 依頼人各データの必須指定を無くしました。 これにより、「自分の口座情報を印刷した配布用の払込票」が作成できます。 ゆうちょ銀行の想定した使い方ではおそらくないと思いますので、 実際のご利用の前にゆうちょ銀行へ相談されたほうがいいと思います。 何か問題が発生しても一切責任は負いません。
  • 2019-07-05
    • 日本語印刷に利用しているIPAex明朝フォントを Ver.004.01 に更新しました。「令和」の組文字(U+32FF, ㋿)が出力できるようになっていたりします。 (が、㍻に比べて細いような…)
  • 2019-07-02
    • 入力欄の大きさやヒントの文字色などを調整しました。
  • 2019-07-01
    • 入力欄を整理しました。
    • 払込先・依頼人をブラウザに記憶できるようになりました。 プリセットとして払込先には現時点で受付中の災害義援金の払込先を用意しておきました。 どんな感じに動くかの確認に使えると思います。
  • これ以前は省略